3月18日 神々の黄昏

2010.3.18-kamigaminotasogre.jpg

[指揮]
ダン・エッティンガー
[演出]
キース・ウォーナー
[演奏]
東京フィルハーモニー交響楽団
[出演]
クリスティアン・フランツ(T)、イレーネ・テオリン(S)、アレクサンダー・マルコ=ブルメスター(Br)、ダニエル・スメギ(Bs)、横山恵子(S)、カティア・リッティング(M-s)、竹本節子(M-s)、清水華澄(M-s)、緑川まり(S)、他
[感想]
第一幕が終わったところで、客席からブラヴォーと、少なからずのブーイングが聞こえる新国立劇場を後に、家路に着くことにしました。(聞いたところでは、第三幕が終わったカーテンコールでは、指揮者のダン・エッティンガーが盛大にブーイングされていたそうです)なにせ「神々の黄昏」ですから、序幕と第一幕だけでも2時間15分あり、「ラ・ボエーム」や「椿姫」の全曲よりずっと長く、もう十分だと思ったのです。
帰ろうと決めた最大の理由は、新国立劇場の狭い座席をあと三時間近く我慢するほどの魅力が、この公演には十分でなかったことです。
歌手はよかったと思います。ブリュンヒルデは、昨年バイロイトで堂々のイゾルデを歌ったイレーネ・テオリンでした。ワルトラウテ、それからジークフリートを相手に歌う第一幕第三場では、その巨大な声でソプラノドラマティコとしての才能に疑う余地がないことを証明していました。ジークフリートのクリスティアン・フランツも、見た目も含めて、イレーネ・テオリンには押され気味でしたが、それなりの存在感はありました。
キース・ウォーナーの演出も、今風のセンスの良いデザインであり、プロダクションとしては良かったのです。注射器や映画の映写機などを使ったギミックも、悪くないアイデアでした。ただし、舞台の奥行きを十分に生かすことがなく、そのセンスが空回りしていたのには不満がありました。
最も大きな問題は、その演出が、強い牽引力の感じられない指揮と、どこか曖昧な演奏に終始した東フィルの演奏と重なった結果、音楽からグランドな奥行きとふくよかな豊かさが失われていたことです。せっかくの渾身の歌を聞かせた歌手も、演技を含めて存在が平面的に聞こえるようになり、ワーグナーの音楽に必要な奥行きが感じられず平板な印象を残すだけになってしまったのは、残念と言う他はありません。
最初にいくつか述べたように、このプロダクションには演出や歌手など良いところもいくつかありました。それだけに、もしまた再演があるならばしかるべき改善をして、どうか心を掴まれワーグナーの世界にぐいぐい引き込まれるような舞台を堪能させてくれるよう期待しております。

[評価]
ガッカリ度・シラケ度:mimi_ne.gifmimi_off.gifmimi_off.gifmimi_off.gif



オリジナル盤の世界へようこそ

最近のトラックバック

アーカイブ

コンサート批評の「耳」

ARISTOCRATでは、コンサートを星ではなく、耳で格付けします。

『涙度』
万国共通の浪花節的、演歌的泣かせる演奏、演技の度合いを示します。
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 ホロット
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 ジーンと
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 堪えるのに苦労
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
 泣かずにおれん
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
 号泣

『鳥肌度・逆毛度』
所謂ゾクゾクする感動。総毛立つというと恐怖からくるネガティブなイメージがあるがそうではなく、背筋を走る衝撃的感動を示します。
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 鳥肌ぞくぞく
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
 産毛が逆立つ
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
 背筋に稲妻が!

『溜息度』
これも呆れた時のネガティブな溜息でなく「んーっ!素晴しい」と深く静かな、どちらかと言えば知的な感動を示します。
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 1 回
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_off_s.gif
 5 回
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
mimi_on_s.gif
 10 回以上

『ガッカリ度・シラケ度』
mimi_ne_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 幕合いで帰る
mimi_ne_s.gif
mimi_ne_s.gif
mimi_off_s.gif
mimi_off_s.gif
 幕合い待たず帰る
mimi_ne_s.gif
mimi_ne_s.gif
mimi_ne_s.gif
mimi_off_s.gif
 主催者にクレーム
mimi_ne_s.gif
mimi_ne_s.gif
mimi_ne_s.gif
mimi_ne_s.gif
 料金払戻しを主張